AIの技術の進化により無くなる可能性のある仕事をまとめました。

進化するAI技術

 

AIの進化をイメージした画像

 

AI技術の進化は著しく、スマートスピーカーやスマホのsiri、Googleアシスタントなど生活の身近な場面でも普及してきています。
AI技術によって人件費削減を可能にでき、将来的には人の仕事の大半をAIに奪われると言われています。

 

AIスコアレンディングも代表事例のひとつで、借入に関する人の手による審査をAIが行うことで既存の借入サービスよりもスピーディーで低金利のサービスを提供しました。
ただ人の手で行っていたことをコンピューターが作業するだけではなく、AIによって常に確実な計算や判断を行うことで公平かつ精度の高いサービスを可能にしています。

 

キャッシングの場合は、誰にでも貸付を行えばいいものではなく、返済を見込めるユーザーにのみ貸付をして、貸し倒れによる損失や利息収入のバランスを最適化しないといけません。
人の手で行うと担当者の裁量で変わることも出てきて、申込するタイミング次第で回答の変わることも出てきます。
AIスコアレンディングは公平なスコア採点によって貸付審査の精度を高めて、利益をシミュレーション結果に限りなく近づけたキャッシングを可能にしています。

 

将来は社長の仕事がなくなる?

 

今後も進化を見込まれているAI技術によって将来的には社長の仕事もなくなると言われています。
会社の采配や投資判断などは全てAIが行った方が経営で良い影響の与える時代になる分析結果があります。
嘘のような話ですが、将棋やチェスなどでプロにAIが勝利した事例を見ても、決して夢のような話ではなく現実味を帯びてきました。

 

仕事においては、営業成績や売上などの数字だけではなく、新人の育成や雑務、職場のムードをよくするなど会社に貢献する形は様々です。
仕事で高評価を得るには上司に気に入られることも必要ですが、AIによって幅広い要素で評価されるようになれば公正性が高まります。

 

AIによる判断で自分の人生が決まる時代もそう遠くはないかもしれません。

 

AIによって無くなる懸念のある仕事

 

AIによってこの先10年で多くの仕事がAIに奪われると言われています。
すでに一部の大手チェーンでは受付業務をAIロボットのペッパーくんが行い人員削減を行うなど実用化されている事例もあります。
近い将来無くなる懸念のある代表的な職業の一例をご覧ください。

 

  • 翻訳
  • 長距離ドライバー
  • スポーツの信販
  • 不動産のブローカー
  • 株や為替などの投資アナリスト
  • ホテル、レストランの受付、案内係
  • バーテンダー
  • クレジットカード、消費者センターなどの審査センター
  • バーテンダー
  • 銀行の窓口
  • 清掃員

 

上記はあくまでも一例です。

 

2046年には現在の仕事の半数以上がAIに奪われるという予測も立てられています。
全てにおいて、管理者で人を必要にしますが、現場による仕事は激減する可能性が高いです。

 

AIによって仕事で成功する人と失敗する人の二極化が進むことも懸念されていて、将来的にはAIスコアレンディングをはじめキャッシングサービスの需要が高まってしまう可能性もあります。

 

アメリカではすでにスコアレンディングが先行してスタートしており、普及と共に技術の進歩が期待できるでしょう。

海外のスコアレンディング