AIスコアレンディングで600点以上を取るための条件をご紹介します。

何点から融資可能?

 

100をしめす画像

 

AIスコアレンディングは1000点満点で採点され、融資可能になるスコアは600点以上です。
アカウント登録を行ってから手続きする本スコアの採点では、600点以上になって初めて本申込に進めるようになります。
同じ借入額であってもスコアの高いほど金利が優遇される仕組みです。

 

600点を超えた場合の借入条件の詳細はコチラのページをご覧ください。

金利・借入可能額はどのくらい?

 

ここでは融資可能になる基準の600点はどのような条件が必要なのか調査した結果を紹介しています。

 

融資可能になる600点を取る条件

 

J・Scoreは個人情報不要で5つの質問を入力するだけのデモスコア体験機能を用意しています。
簡単手続きで利用可能な目安を確認できるのもAIスコアレンディングの魅力です。
5つの質問はクリック(タップ)選択のみなので入力に必要な時間は30秒ほどです。(本スコア申込の所要時間は2分)

 

デモスコア体験機能を使って、複数の条件のスコアを出し、高スコアを出す条件や600点前後のスコアになった事例をまとめました。

 

ケース①

年齢:30代
勤続年数:5年以上10年未満
年収:200万円以上400万円以下
雇用形態:正社員
趣味:アウトドア(球技)
結果:550~650

 

ケース②

年齢:20代
勤続年数:5年未満
年収:400万円以上600万円以下
雇用形態:正社員
趣味:スポーツ観戦
結果:550~650

 

ケース③

年齢:40代
勤続年数:5年未満
年収:400万円以上600万円以下
雇用形態:パート・アルバイト
趣味:パチンコ・スロット
結果:600~700

 

ケース④

年齢:20代
勤続年数:5年未満
年収:200万円未満
雇用形態:パート・アルバイト
趣味:映画鑑賞
結果:650~750

 

ケース⑤

年齢:50代
勤続年数:5年未満
年収:200万円未満
雇用形態:契約社員
趣味:競馬、競艇、競輪
結果:600~700

 

このほか、学生、年金受給などスコアの低そうな条件で試してみましたが、600点を明確に下回る結果は出ませんでした。
デモスコア体験では、あらゆる条件でも利用できる可能性を示しています。

550~650の条件になると借入できない可能性があります。

 

条件別のスコアを見ると、正社員以外の雇用形態や勤続年数の短い場合でもチャンスはありますし、正社員で長く勤務していれば必ずしも高スコアの出るとは限らないようです。
趣味ではパチンコ、競馬などのギャンブル系を入力しても大きくスコアの減額されることはありません。
正確なAIスコア診断をする際は嘘は付かずに正直な条件で入力をしましょう。

 

最先端のAIなので嘘を見抜く機能の付いている可能性があります。高スコアを出そうと意識した回答をすると逆効果になることもありますし、本審査で嘘がバレて落とされてしまう可能性もあります。
銀行系カードローンなどの金利の低い商品は正社員以外の借入審査は不利になりますが、AIスコアレンディングでは細かい条件次第にはなりますが、幅広い方が好条件での借入をできるチャンスがあります。